丸本 莉子

“ココロの歌声”
 新世代リアルボイス・シンガーソングライター 丸本莉子

広島県出身のシンガーソングライター「丸本莉子(まるもと りこ)」
広島県で最も小さく、過疎が進む町・安芸太田町のイメージソングを手掛け、町内を歌い歩いた事が活動のはじまり。 インディーズデビュー後、わずか1 年でレコード大賞新人賞にノミネートされ、リリースしたシングル・アルバムは広島県内で異例のセールスを記録。新人ながら、番組・CM・キャンペーンソングなどタイアップ曲を多数提供し注目を浴びる。『普通の女の子でも頑張れば夢は叶う』というメッセージを掲げ、北から南まで全国を歌い歩いてきた。

ビクターエンタテインメントの新レーベル“AndRecレーベル”第一弾アーティストとして決定しているが、彼女のインディーズ時代最も注目された楽曲であり、今回新たにレコーディングされた配信シングル『ココロ予報』で、史上初となるハイレゾ配信でメジャーデビューを飾る。本物の歌声が、まさに本物の音質で世に送り出されることになる。

生年月日
1990(平成 2)年 5月16日
血液型
O型
出身地
広島県

ページの先頭へ